MENU

肌の透明感には保水が大切

保湿に気をつけている方は多いでしょう。クリームなどの油分で肌にフタをして水分を維持するスキンケアです。
しかし、保湿だけに気を取られて、「保水」することを忘れていませんか?
「保水」とは、肌の水分を保つための力です。
保湿成分の入ったクリームや美容液を使っているのに、乾燥するという人は保水が足りてない可能性があります。
保水は、保湿でフタをする前に、角質細胞間脂質で角質の間を満たして肌の水分量をとどめることです。
それには「セラミド」や「ヒアルロン酸」を配合した化粧水や美容液で保水力を上げることが重要。セラミドは加齢とともに減っていき、食事から摂取しても増えないので、化粧水や美容液で補う必要があるのです。
もともと人間の肌に近い構造であるヒト型セラミドは敏感肌でも使用でき、湿度が下がっても水分を保つ力が強く、乾燥肌で悩んでいる人には一番に試してほしい成分。

 

肌の透明感には保水が大切

 

また、ヒアルロン酸も乾いた空気の中でも水分を逃がさず、保水力を高めてくれる優秀な成分です。
ヒアルロン酸は真皮には存在しますが、もともと角質内に存在しない成分なので、化粧水や美容液で補う必要があるのです。

 

セラミドやヒアルロン酸で保水力を高めて潤った肌は、それだけで透明感がアップします。また、肌のバリア機能が正常に働き、肌の代謝が整うことで正常なターンオーバーができるのです。
肌は正常なターンオーバーをするだけで、メラニンの排出をスムーズにしてくれ、結果的にシミやくすみ対策になるのです。

 

ハイドロキノン化粧品 市販