MENU

ハイドロキノンがレーザー治療よりベストな理由

ハイドロキノン化粧品よりレーザー治療のほうが、早く確実にシミが取れると思っていませんか。
化粧品と医療行為を比べるとどうしても医療行為のほうが確実のように感じるのは当然のことです。
しかし、シミ取りにレーザー治療は完璧ではなく、良い点もあれば悪い点もあります。
まず考えられることはダウンタイムがあること。レーザー治療後のシミ部分は、バリア機能がはがされた状態で刺激に弱いため、紫外線対策や保湿、肌色テープや塗り薬などでケアしないと、炎症をおこして色素沈着になったり、再度メラニンが生成されて同じところにシミができることもあります。

 

また、費用の面や何度かクリニックに通わなくてはいけないことも大変です。シミの数が多いとそれだけ費用がかかり、一気にシミを消すことができないため時間もかかります。
以前よりレーザーの治療費は確実に安くなってはいますが、それでも数万円からという金額がかかるため、簡単には通えません。

 

近くにクリニックが無い場合や、クリニック選びというのも問題になってきます。
医者選びや病院選びというのは難しいもので、普通の病院ならば近所の口コミなどでも病院を選びやすいですが、美容クリニックというのはなかなか近所の口コミでは情報を得られません。
施術の腕がないお医者さんだと、施術だけでなくアフターケアの指導などもいい加減だったりして、肌トラブルを招くことになりかねません。
シミを取るためにクリニックに行くのは最終手段と考えて、まずはハイドロキノン化粧品や美白化粧品でケアしながら、紫外線対策をすることが美肌の近道です。

 

ハイドロキノン化粧品