MENU

ハイドロキノン化粧品の保存方法

ハイドロキノンは熱や光に弱く、酸化・変質しやすいものです。
酸化すると毒性の物質に変化してしまい、肌とって強い刺激となるので管理・保存には気をつけないといけません。
市販されているハイドロキノン化粧品は、酸化防止のために安定化させたり、ダメージを防ぐための抗酸化成分や酸化防止剤などが入っているため安心して使用できますが、保存方法によっては酸化を早めてしまうこともあるので、保存には注意が必要です。

 

通常、保存方法はそれぞれの商品説明にある方法で問題ありませんが、大半のハイドロキノン化粧品は冷暗所で保存し、1〜2ヶ月を目安に使用との記載がある商品が多いと思います。
冷暗所といっても冷蔵庫に入れてしまうと、配合成分によっては成分が分離してまうものもあるので、保管方法は注意しましょう。

 

最近では長期の常温保存が可能なハイドロキノン化粧品もありますが、常温保存する際もなるべく熱や光を避けて、涼しい場所に置いておくと安心です。気温が高くなる春夏の時期には、できるだけ冷蔵庫などでの保存をおススメします。
また、開封後はしっかりと蓋を閉めて空気に触れることのないように保存しましょう。

 

ハイドロキノン配合化粧品の酸化は色でわかることがあります。通常、白いクリーム状の美容液やクリームが多いですが、酸化すると茶色や黒っぽくなってきます。最初に使用した時から色が変化したなと思ったら、使用せずに速やかに廃棄したほうがよいでしょう。
そのまま使い続けると肌に強い刺激があり、赤みや炎症をおこす原因になってしまいます。

 

ハイドロキノンランキング