MENU

敏感肌とハイドロキノン化粧品

敏感肌は肌のバリア機能低下により、外からの刺激に過敏になっている状態です。
通常、角質細胞間脂質の一つであるセラミドが、角質細胞の間で肌の水分を守り、外の刺激から守るために働いていますが、セラミドが不足した肌では角質細胞の間から刺激が入り込んでしまうのです。

 

スキンケアが沁みる、り髪の毛が触れただけでかゆくなるなど、かゆみや赤みが起きやすい過敏な肌の状態を敏感肌だと感じる人が多いようです。

 

肌が過敏に傾いている状態の時、なるべく化粧やスキンケアをシンプルなものにする必要があります。もちろん、刺激の起きやすいハイドロキノン化粧品も控えたほうがいいでしょう。
ハイドロキノン化粧品に限らず、美白化粧品は過敏な肌にとっては負担になる成分があり、肌荒れを加速させてしまう要因になってしまいます。
肌が敏感な時期は通常のスキンケアもシンプルにして、まずは保湿を優先するほうがよいでしょう。

 

ハイドロキノン化粧品を試す際は、敏感な状態が少し落ち着く時期や生理後に、必ずパッチテストをしてから試してください。その時も、いきなり濃度の高いハイドロキノン化粧品を試すのではなく、ハイドロキノンが2%以下の濃度で安定化させた低刺激のものを使ってください。
肌の保湿をして化粧品の浸透がよくなる肌に変化することで、美白成分の浸透もよくなります。そのため、美白化粧品も保湿を重視したラインを揃えていますので、ライン使いすることで美白効果を高めることにもなります。

 

ハイドロキノン化粧品