MENU

ハイドロキノン化粧品、選び方でシミへの効果が変わります!

「ハイドロキノン化粧品、一番効果があるのはどれ?どれが人気なの?」と迷っていませんか。
シミへの効果を100%引き出してくれるハイドロキノン化粧品の選び方、重要な3つのポイントがあります

ハイドロキノン化粧品を選ぶ時はココに注目!

  • ハイドロキノンを安定化させた製品であること
  • シミの元に届く浸透力と持続性があること
  • ハイドロキノンの効果を実感できる濃度で低刺激であること

安定性・浸透力・刺激についてはコチラ

このサイトでは、ハイドロキノン配合化粧品やハイドロキノンクリーム選びのチェックポイントを満たしているもの、そして濃いシミに悩んでいた私が実際に使ってみて良かったものをランキングで紹介しています。

 

酸化する・浸透しない・刺激があるような質の悪いハイドロキノン化粧品を選んでは意味がありません。
ちゃんとシミに効果のあるハイドロキノン化粧品で、シミのない透明感のある肌をめざしましょう。

浸透技術がすごいから効果がある!ハイドロキノン化粧品ランキング

 

ハイドロキノン化粧品「アンプルール」

NHK出演の現役の女性皮膚科医が商品開発

  • 独自開発した「新安定型ハイドロキノン」
  • 特殊ゲルで密着させ浸透力をアップ
  • 高濃度2.5%をマイクロカプセル化し肌刺激を低減

皮膚に沈着したメラニン色素に働きかけるハイドロキノンをアンプルール独自の手法で安定化させ低刺激にしたものが「新安定型ハイドロキノン」です。
マイクロカプセル化することにより、高濃度のハイドロキノンが一気に肌に触れることなく、時間差でじわじわとメラニンに継続して効果を発揮します。

とにかく徹底的にシミと戦い、透明感のある美肌をめざせるように成分にもこだわっています。
日中に使えるローションや美容液などにも肌に優しい濃度のハイドロキノンが配合され、速攻型ビタミンC誘導体、αリポ酸、レスベラトロール、まきベリーエキスなどの美白成分とともに、顔全体の透明感を引き出してくれます。

今あるシミに効くだけではなく、これから浮き上がってくるシミ予備軍も予防し、老けて見える原因のくすみも解消してくれます。
こんな人におススメ
「何年も消えない頑固なシミを消したい」「今あるシミもシミ予備軍も作りたくない」「以前のように透明感のある素肌を取り戻したい」
あきらめていたシミのない素肌への願いを叶えてくれます。

価格 1,890円
評価 評価5
備考 送料無料・嬉しい3つの特典つき!
アンプルールを使った感想

30代も後半になり、2人の子持ち働く主婦の今、毎日ヘロヘロで肌もシワシワ、くすみ、たるみ、シミもあり最悪状態に。
顔に点々とあるシミをコンシーラーで隠していましたが、全体的に薄いソバカスのようなシミが増えてきて、これ以上シミが濃くなるのを防ぎたい、今あるシミを消したいと思うように。
アンプルールを使うようになってすぐに感じたのは、くすみが飛んで透明感のある明るいお肌になった事。
しばらくするとにシミは鏡でよく見ないと見えない程に薄くなってきて、そばかすのような薄いシミは完全に見えなくなり肌がきれいになっていくのを感じました。
乾燥肌の私でもハイドロキノンで赤くなることもなく、これからも続けていくことでさらに白肌になれる自信が持てます。
≫初めて使って感動したアンプルール使用レポート

 

ハイドロキノン化粧品「ビーグレン」

「浸透深度」にこだわったドクターズコスメ

  • ナノカプセルで包み込み安定化させたハイドロキノン
  • 独自の浸透テクノロジーで長時間肌の中に留まる
  • 高濃度1.9%を顔全体に塗れるほど低刺激

ビーグレン独自の浸透テクノロジー「QuSome(R)キューソーム」で、ハイドロキノンを皮脂に近いナノマイクロカプセルで包み込み、肌の奥まで届けてくれます。
そのマイクロカプセルが皮膚バリアを通過し、有効な成分をたっぷり保持し続けるので、長時間肌にシミの元まで留まり効果を持続的に発揮してくれます。

ハイドロキノンを高濃度に配合しながらも、キューソームテクノロジーにより肌への刺激が低減されているので、ハイドロキノン化粧品にしては珍しく顔全体に塗れるのもうれしい製品
使っていくうちに、シミに効くのはもちろんのこと、肌のくすみが飛んで顔全体の透明感や明るさが実感できます。
こんな人におススメ
「広範囲にあるシミを何とかしたい」「ハイドロキノン化粧品を初めて使うのでお手入れが簡単なものがいい」「乾燥肌・敏感肌なので刺激がないものがいい」
シミやくすみの悩みを根本的に解決し明るい肌へと導いてくれます。

価格 1,800円
評価 評価5
備考 送料無料・たっぷり7日間・365日返金保証
ビーグレンを使った感想

濃いシミだけでなく、そばかすのように全体的にある薄いシミを何とかしたい、ハイドロキノンを広範囲で肌に使ってみたいと思い試してみたのがきっかけでした。
通常のハイドロキノン化粧品は一つ一つのシミに塗るタイプが多いなか、顔全体にハイドロキノンクリームを塗ることができるので、お手入れがとても簡単で忙しい主婦にはありがたいところ。
乾燥肌&敏感肌の私でも沁みたり赤くなることもなく、そばかすのような薄いシミが本当に見えなくなってきたことに感動。
また、使用して3日目には黄色くくすんだ肌が明るくトーンアップし、透明感を感じることができました。
広範囲に薄いシミが点在している私には欠かせないお手入れアイテムです。

 

ハイドロキノン化粧品「プラスナノHQ」

ハイドロキノンの老舗だから高濃度でも安心

  • アスタキサンチン配合で酸化を防ぎ安定化
  • リン脂質で肌の奥まで浸透する力を強化
  • 高濃度4%配合、安定化で刺激減

医療機関で使用されるほどの高濃度ハイドロキノンを角質層まで届けるために、整肌成分のリン脂質を配合しナノテクノロジーでシミのポイントに集中的に働きかけます。

配合成分にもこだわり、肌を整える「レスベラトロール」「ブドウつるエキス」「ビタミンA・C・E」をバランスよく配合し、肌のキメを整えてツヤを与えてくれます。
自分の持っている化粧品、いつものスキンケアに加えてポイント使いができるハイドロキノン化粧品なので、気になっているシミだけを消したい方には効率よく白肌が実感できます。
こんな人におススメ
「今まで使っていたハイドロキノン化粧品ではシミが消えなかった」「シミだけにポイント使いしたい」
本格的なシミケアクリームでコンシーラーの必要ない美肌へ。

価格 2,160円
評価 評価4.5
備考 メール便送料無料・まとめ買い限定セットあり
プラスナノHQを使った感想

普段使っている自分のスキンケアに、ハイドロキノンだけをプラスできるということで人気の「プラスナノHQ」を使ってみることに。4%のハイドロキノン配合とのことで、刺激がないかが一番心配ですよね。
恐る恐る試してみましたが、結果は全く問題なし!
ずぼらな私はチューブの先からクリームをシミにちょんちょんと乗せるようにして使用。
最初はシミが赤くなり薄皮がめくれてカサカサした感じになったあと、少し経ってはっきりと皮がめくれてシミが薄くなってくるのを感じました。
いままで使っていたハイドロキノン化粧品では頑固なシミが消えなかったという人は試してみてはいかがでしょうか。

 

ハイドロキノン化粧品「ブライトニングクリスタル」

東京銀座の美容皮膚科医監修ドクターズコスメ

  • 長期の常温保存が可能なほどの安定性
  • 有効成分を配合して浸透力アップ
  • 高濃度5%配合

東京銀座スキンケアクリニックの美容皮膚科医が監修し、ハイドロキノンを5%という高濃度配合のドクターズコスメ。
ハイドロキノンだけでなくビタミンC誘導体とアルブチンを配合し、シミの素であるメラノサイトへ集中的に働きかけてくれます。

お肌の生まれ変わりをサポートする「ビタミンA誘導体」「ビタミンE」、古い角質を優しくオフしてくれる「サリチル酸」も配合し、総合的にシミに悩んでいる肌をケアします。
なんといっても、高濃度のハイドロキノンを配合していながらも、長期の常温保存が可能というほどの安定性なので、シミに少量しか使わないという方でもコスパが良いのも嬉しいところ。
こんな人におススメ
「低濃度のハイドロキノン化粧品では効果を感じなかった」「色素沈着や黒ずみも気になる」
市販のハイドロキノン化粧品の中ではハイレベルな美白効果を感じることができます。

価格 4,890円
評価 評価4
備考 お得な2本セットあり
ブライトニングクリスタルを使った感想

とにかく、日本製で市販品のハイドロキノン化粧品が5%の高濃度というのは珍しいので使ってみることに。
高濃度なだけにトライアルがないのが残念ですが、生理後の肌が安定している時に使用したので赤みや刺激を感じることはありませんでした。
ただ、肌が不安定になっている時期は使用を控えるか、様子を見ながら使う必要があると思います。
たっぷり入ったクリームは少し固めなので液だれするようなこともなく、ピンポイントで塗りやすく感じます。
シミへの効果は確実に感じることができ、茶色のシミがピンク色に変化し、1本使い終わる頃には肌の色と同じになり、少し凹凸のあったシミも平らでなめらかになったのは感激しました。

 

ハイドロキノン化粧品「プラスソープHQ」

ハイドロキノン専門店が研究・開発

  • 「枠練り製法」で美容成分を最大限に生かすことが可能
  • 濃度1%以下で肌に安心・低刺激

ハイドロキノンを配合した石鹸の泡は超濃密泡できめ細かく弾力があるため、肌表面の汚れやくすみをしっかり洗い流します。
職人がひとつひとつ丁寧に手作りする伝統製法「枠練り」で、美肌成分を最大限に生かすために手間と時間をかけて作られています。

顔だけでなく体中のシミやくすみの悩みをケアできるのが魅力。
汚れやくすみの原因を高い吸着力と保湿力で解決する「炭」や、肌にやさしくつるりとした手触りにする「グリコール酸」を配合し、頑固な色素沈着、肌のザラつき、ゴワつき、毛穴の黒ずみやニキビ予防にもなり、つるりとしたたまご肌を目指せます。
こんな人におススメ
「顔だけでなく体のシミやくすみが気になる」「肌色のトーンをあげたい」「毛穴の汚れやニキビが気になる」「刺激のないハイドロキノンを使いたい」
顔も体も全身美白でトーンアップできる石鹸です。

価格 999円
評価 評価4
備考 メール便送料無料・数量限定
プラスソープHQを使った感想

腕や足に点々とあるシミ、おそらく昔の虫刺されや年齢からくるシミ、そして体のくすみを何とかしたいと思い使ってみました。
ハイドロキノンだけでなく炭も配合されているので、洗ったあとのくすみ抜けがよくわかり、肌色がワントーン明るくなるのが実感できます。
泡がもっちりしてクリームのように濃厚ですが、泡切れがよいので洗い上がりがサッパリしてつるつるな仕上がりになり大満足。
体に使っても刺激がまったくないため、顔にも使うようになり、毛穴の汚れや皮脂の詰まりにもとても効果を感じます。
吹き出物もでにくくなって、お風呂あがりの化粧水の浸透が良いのも嬉しいです。

私が初めて使って効果を感じたハイドロキノン化粧品≪アンプルール≫

ハイドロキノン化粧品

私はもともと色白で、スキンケアにも無頓着だったせいか、20代の頃はあまり熱心に美白ケアなどはしてきませんでした。

 

肌が敏感で生理時期には吹き出物やゴワゴワして肌荒れしやすく、冬になると粉をふくほどの乾燥にも悩まされていたので、乾燥しやすい美白ケア商品を敬遠していたせいもあります。

 

それでも、20代の頃はシミに悩まされることはなく、乾燥肌対策で保湿ケアだけは入念にしていたため、それなりに白肌をキープできていました。

 

しかし、30代で出産をし2人の子持ちで働く主婦になると、落ちついて鏡を見るヒマもないほどに毎日ヘロヘロの状態で、ふと気づくとファンデーションで隠しきれない肌の老化に気づいてしまったのです。
目の周辺に茶色のシミやそばかすがのような薄いシミが散在し、さらに肌はシワシワでくすみやたるみもあり、肌がかなり老化していることにショックを受けました。

 

自分のシミが気になりだすと他人のシミも気になり、「あの人は自分より濃くて大きなシミがある」「あのモヤモヤしてるのは肝斑(かんぱん)かしら」などと、人と会っていてもその人のシミばかり目がいくようになりました。
メイクで隠れないシミがあるだけで老けて見えることに対し、「自分もシミがあるせいで老けて見られているんだ」と思うと、鏡を見るたびに落ち込んでしまいます。

 

とにかく見た目にハッキリわかるシミを消したいと思い、聞くのは恥ずかしかったですが、美容好きのママ友に「シミに効く化粧品を教えてほしい」と言うと、「シミはハイドロキノンが入った化粧品じゃないと消えないよ。ビタミンCもそれなりに効果はあるけど時間がかかる。ハッキリ効果がわかるのはハイドロキノン配合化粧品。」とキッパリ。「ずっとコンシーラーで隠してたシミがあったけど、今は必要なくなったの。」と羨ましい一言も。

 

ハイドロキノン化粧品

その時に教えてもらったのが「アンプルール」でした。

私のように肌が敏感で乾燥もある場合、まずはトライアルセットで試してみることが大切で、ドクターズコスメを使ったほうが安心とのこと。
早速、トライアルセットを取り寄せてみて、ワクワクと少しだけドキドキしながら使ってみることに。

 

普段、新しい化粧品を使うときは恐る恐る試してみるのですが、シミを早く消したい一心で、いつものスキンケアを丸ごとアンプルールにして使ってみました。
結果、ハイドロキノンが高濃度で入っているにも関わらず刺激や乾燥もなく、クリーム美容液は肌なじみもスーッと浸透しベタつかない良い感触。

 

一週間のトライアルセットを継続使用した結果、両頬にあった薄いシミの何個かが赤くなって剥がれ落ち、ファンデーションを塗れば全くわからないくらいにまで薄くなりました。薄いシミの何個かでしたが、このスピードにとても驚き、さらには顔全体の透明感がすっごく出たことで現品を購入することに。

 

トライアル後も使用を継続すると、濃いシミはだんだんと薄くなり、少し大きめのシミは輪郭と中心からぼやけてきて、肌色に近い状態まで消えつつあります。
そばかすのように薄く点々とあったシミには結果がでるのが早く、もう一つも残っていません。
もう少し続けることで、濃かったシミや大きかったシミもなくなるでしょう、あと一息!

 

ハイドロキノン入りのスポット美容液はクリームのように使いやすく、シミを消してくれるのにもちろん助かったのですが、もう一つ嬉しかったのは薬用美容液の働きもすごく、お肌のくすみが飛んで透明感のある明るい肌になったことです。

 

シミにばかり目がいっていましたが、お肌の色がトーンアップし、ファンデーションの色をワントーン明るくしました。
肌の色が明るくなったおかげで、全体的に艶がでて、自分の実感だけでなく「化粧変えた?肌がきれいになったね」と複数人に言われるので、他人から見ても変化があるのだと思います。

 

ハイドロキノン化粧品も何種類かあり、それぞれに良いところがありますが、ハイドロキノン化粧品やクリームを使うのが初めてなら、お肌にも低刺激で効果がわかりやすいアンプルールから始めるのが私のおススメです。

 

≫シミへの効果がハッキリわかる安心のドクターズコスメはコレ

 

ハイドロキノンの安定化・浸透力・刺激について

安定化って何?なぜハイドロキノンは安定化してないといけないの?
ハイドロキノンはもともと不安定な物質で熱や光に弱く酸化しやすいため、酸化しにくいように安定化させたものでないと、シミに効くどころか肌への刺激になり炎症や接触皮膚炎などを引き起こす可能性があります。

また、ハイドロキノンの刺激がかえってシミや色素沈着の原因にもなりえるので、ハイドロキノン配合化粧品は安定化させたものを使うことが大切です。

ハイドロキノンは肌に浸透する?
ハイドロキノンは水溶性の成分のため、通常は皮脂にはじかれて肌には浸透しにくいものです。

皮脂に近い成分でコーティングしたり、マイクロカプセル化して肌の奥への浸透力を高めたハイドロキノン化粧品を選ばないと、ハイドロキノンの濃度だけが高くてもシミの元に届かず効果はありません。美容液やクリーム状美容液として肌に密着しやすいようにもなっています。

ハイドロキノンは刺激があるの?肌に悪い?
濃度が高くなるとピリピリと刺激を感じやすく、赤みやかゆみがでることのあるハイドロキノン。

ハイドロキノンを高濃度でありながら、肌に刺激がないような処方をしているものでないと、ハイドロキノン化粧品をシミに使用し続けることができません。
ハイドロキノン化粧品を初めて使う際は、パッチテストを必ず行ってください。

  • ページの先頭へ
  • ハイドロキノン化粧品が効くシミ、効かないシミ

    ハイドロキノン化粧品「老人性色素斑」

    老人性色素斑(日光性黒子)

    ろうじんせいしきそはん(にっこうせいこくし)

     

    ハイドロキノン化粧品が有効

    ハイドロキノン化粧品が効きます

     

    老人性色素斑の特徴

    「シミ」と呼ばれるものの大半がコレ。
    主に紫外線が原因のシミで、濃淡や大きさの違いはあるが、境界線がハッキリしている。大きさは数ミリ程度のものから、大きくなると2cm以上になることも。
    「老人性」といっても、20代や30代からでることもあり、多くは40代以降に現れることが多く、シミになった後も紫外線を浴びることでさらに濃くなる傾向があります。
    頬骨の高い部分やこめかみにできることが多く、これらは日光(紫外線)を浴びやすいことから、シミができやすい部位になります。
    シミが薄いうち、小さいうちに美白対策をしておくことが、シミを大きくさせない有効な手段です。

     

    有効な美白ケア

    今あるシミの改善が見込めて、未来にできるシミも減らすことが可能。
    メラニン還元作用のあるハイドロキノン化粧品や、ピーリング、レーザー治療が有効。
    紫外線対策をしっかりすることで、シミが濃く悪化するのを防ぐこともできます。

     

    ハイドロキノン化粧品「肝斑」

    肝斑

    かんぱん

     

    ハイドロキノン化粧品が有効

    ハイドロキノン化粧品が効きます

     

    肝斑の特徴

    主にホルモンバランスの崩れや摩擦による炎症が原因でできる30代から50代の女性にできやすいシミで、男性にはほとんどできません。
    女性ホルモンが大きく関係していることから、妊娠中やピルを服用している際にも見られ、閉経後に自然と薄まることが多い。
    また、マッサージやタオルでの摩擦などで悪化することがあるので要注意。
    頬骨からこめかみ辺りに左右対称、コの字型にうっすらと発生するのが特徴ですが、鼻下や額にでることもあります。薄い褐色で茶色や灰色などさまざま、老人性色素斑より薄く境目がはっきりしていません。

     

    有効な美白ケア

    レーザー治療は不向きで、ハイドロキノンなどの美白化粧品やピーリングが有効。
    トラネキサム酸内服薬を併用するとより早く効果があらわれます。

     

    ハイドロキノン化粧品「炎症性色素沈着」

    炎症性色素沈着

    えんしょうせいしきそちんちゃく

     

    ハイドロキノン化粧品が有効

    ハイドロキノン化粧品が効きます

     

    炎症性色素沈着の特徴

    ニキビや虫刺され、かぶれ、傷、やけどの肌の炎症や外傷が起きた後に、メラニンが沈着してできるシミです。
    その他にも、毛抜きでムダ毛を抜いた後の毛穴の黒ずみ、下着などがこすれる部分にできるくすみやなども同様です。
    傷跡にできる炎症後の色素沈着なので一時的なものと考えられ、時間がたてば自然に消えることもありますが、消えるまでに数年かかることもあります。

     

    有効な美白ケア

    ハイドロキノンなどの美白化粧品が有効で、ピーリングも即効性があります。
    レーザー治療では、より濃くなってしまう可能性があるので治療には不向き。

     

    ハイドロキノン化粧品「そばかす」

    そばかす(雀卵斑)

    そばかす(じゃくらんはん)

     

    ハイドロキノン化粧品が有効

    ハイドロキノン化粧品が効きます

     

    そばかすの特徴

    主に遺伝的要素が強く、鼻を中心にして小さな茶色い斑点が左右の頬に広がるように発生するシミ。
    白人にはとても多く、日本人でも色白の人には多く見られます。
    早い人は3歳頃から現れ、思春期の頃に顕著になる。
    通常のシミより小さな斑点で、シミの一つ一つは丸形ではなく三角や四角。

     

    有効な美白ケア

    ハイドロキノン化粧品やレーザー治療が有効だが、再発する場合が多いので注意が必要。

     

    ハイドロキノン化粧品「老人性角化症」

    脂漏性角化症(老人性いぼ・老人性疣贅)

    しろうせいかくかしょう(ろうじんせいいぼ・ろうじんせいゆうぜい)

     

    ハイドロキノン化粧品は効かない

    ハイドロキノン化粧品は効きません

     

    脂漏性角化症の特徴

    シミ(老人性色素斑)が盛り上がり、イボのようになったもの。
    シミが進化した形であり、シミ部分の角質が分厚くなりイボになるが、顔だけでなく手などの紫外線によく当たる部位にできやすい。
    加齢とともにできやすくなるが、30代からできてしまう人も。
    シミやほくろと間違えやすいが、表面がボツボツして触るとザラザラしている。

     

    有効な美白ケア

    美白化粧品では取れない。
    炭酸ガスレーザー治療で焼きとるか、液体窒素による凍結治療が有効。

     

    ハイドロキノン化粧品「花弁状色素斑」

    花弁状色素斑(光線性花弁状色素斑)

    かべんじょうしきそはん(こうせんせいかべんじょうしきそはん)

     

    ハイドロキノン化粧品は効かない

    ハイドロキノン化粧品は効きません

     

    花弁状色素斑の特徴

    日焼け対策をせずに海やアウトドアで強い日差しを浴び、急激な紫外線による日焼けのあと赤みが落ち着いてから、肩や背中に発生する小さなシミ。
    顔ではなく背中にできやすく、日焼けをしてから数年後にあらわれることもある。
    よく見ると、シミのひとつひとつが花びらのような形状をしていることから、花弁状色素斑といわれる。

     

    有効な美白ケア

    皮膚の奥までダメージをうけているので、美白化粧品は効きにくい。
    レーザー治療が有効。